the man は最新のインターネットニュース、ソフトウェアのニュースを提供しています

the man is Internet&Software News Sumarry Blog

2005年08月08日

「McAfee Virtual Criminology Report」の日本語版

マカフィーは8月8日
7月に米McAfeeがまとめた調査レポート「McAfee Virtual Criminology Report」の日本語版を発表

同レポートでは今後予想される脅威として
 ・「携帯電話を対象にしたものが出てくる」と指摘
 ・「日本のおサイフケータイが狙われるのは時間の問題」と警告

将来的な脅威として
mcafee.gif ・IP電話に使われる「VoIP」技術の悪用
 ・無線通信技術「WiFi」ネットワークの悪用
 ・スパムとスパイウェア
を挙げている

同レポートを説明した米McAfeeのビンセント・ガロット(Vincent Gullotto)氏は
「サービス拒否(DoS)攻撃などに使われる不正ソフト『ボット』が現在、急速に増加している。しかも次々に新しいボットが出回るようになっている」と説明している
最近のボットは、短時間のうちに亜種が誕生するが、寿命が短いという特徴を持っている

拡大し続けるボットやウイルスに対応するためにMcAfeeでは
「2006年中に、1日1回更新している定義ファイルを、1時間ごとに更新する」としている

icon_sorce.gifVirtual Crimonology Report Report(日本語版)ダウンロード
posted by edams at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | セキュリティ
この記事へのコメント

コメントを書く
eonkyomusic_120x60
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのTrackBack URL

この記事へのTrackBack


icon_sorce.gifMcAfeeが定義ファイルの更新を一時間おきへ
脅威が増え続けてるため、なんとMcAfeeが定義ファイルの更新を一時間おきにするとのこと
それゆけダメ人間 ( 2005-08-09 06:56 )


icon_sorce.gif米McAfee、2006年には1時間ごとにアップデート
 米McAfeeの「McAfee Virtual Criminology Report」によれば、今後サイバー犯罪は更に拡大し、2006年中には1時間ごとウィルス定義を更新する必要が出てくるそうです。..
新聞記事・ニュース批評@ブログ ( 2005-08-09 21:56 )

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。